バックナンバー

オリンパス CAMEDIA C-8080 Wide Zoom


−独特のスタイルと操作系に、印象的な描写−



 各メーカーから800万画素の高倍率ズームデジカメが登場している。このオリンパスCAMEDIA C-8080 Wide Zoomもそのひとつで、Wide Zoomの名称のとおりに28〜140mm相当のEDガラス採用5倍ズームを搭載している。800万画素クラスの中でも、ニコンCOOLPIX8700と競合しそうな製品である。



●独創的なスタイリングと独特の操作系

 オリンパスのデジカメはもともと独創的なデザインをしていて、とくに左手側がスパッと切り落とされているようになっているのが特長。このC-8080ではその傾向がさらに強まったようだ。左手はなかば強制的にレンズを支える構えかたちになる。このほうが手ブレに対して強いことは事実なのだが、見た目にはやや違和感がある。各部は6面写真を見ていただきたい(写真A)。

【写真A】

 ボディ上面右手側にはモードダイアルがあり、露出モード(P/A/S/M)のほかに、再生、セットアップ、イメージプログラム、動画などを選ぶことができる(写真B)。その右に小さなボタンがあるが、これはワンタッチISO感度ボタン。また、前方に電源スイッチ、右前にズーミング(拡大/縮小再生)スイッチがある。この配置はオリンパス独特のもので、とっさにはわかりづらい。

 背面には1.8型の半透過型サンシャインTFT液晶モニタがあり、その右には十字キーがある。その中央にメニューボタンとOKボタンがある(写真C)。この配列もまた独特のものだ。上方にはクイックビューボタン、下方には液晶モニタとEVFの切り替えスイッチとCF/xD Picture Cardの切り替えスイッチがある。わりあいとさっぱりとしたレイアウトである。ここにISO感度ボタンとかホワイトバランスボタンを置いたほうがよかったのではないだろうか。

 ホワイトバランスボタンはボディ左側面、つまりすっぱり切り落とされた側面にある。その下に画質モードの切り替えスイッチもある(写真D)。さらに、その後方にはAF/MF/接写の切り替えや、ストロボモード、露出補正、測光切り替えなどのボタンが並ぶ。このあたりはややごちゃごちゃしている。やはり、使用頻度の高いボタンはボディ背面に置いたほうがよかったように思う。

【写真B】モードダイアルとそのまわりの操作部。ダイアル右にワンタッチのISO感度スイッチがあるが、オートホワイトバランスなどもこの近くにあったほうがいい 【写真C】十字キーは、その中央にメニューとOKボタンがある独自のもの。液晶モニタとEVFは下のスイッチで切り替える 【写真D】左側面はにぎやかだ。前方にホワイトバランスと画質モードのスイッチがある。後方はいろいろなスイッチがあり、やや煩雑である

 ファインダーは24万画素のEVF(電子ビューファインダー)で、やや黄色みがかっているが、見やすく、また動体追従性もいい。ただ、ピントの山がはっきりわかるまでの高精細ではない。アイピースの周囲を回すと視度補正ができるようになっているのはいい。また、消去ボタンがその左にあるが、この位置もちょっと考えものだ(写真E)。

 液晶モニタは、水平にすることもできる。これでローアングル撮影も可能になった(写真F)。

【写真E】EVFのファインダーアイピースは周囲に視度補正機構付き。左には削除ボタンがある 【写真F】液晶モニタは、水平にすることができる。ローアングル撮影には便利だ

 0.7秒の高速起動、レリーズタイムラグ約55ミリ秒とデジタル一眼レフなみの早さも特長だ。

 内蔵ストロボは左側面のスイッチを押すとポップアップする。かなり高い位置まで発光部が上がるのと、レンズ鏡胴が短いので、ケラレの心配はない(写真G)。

 記録メディアはxD Picture CardとCFカード(タイプ1、2)のダブルスロット(写真H)。同時記録はできないが、片方から片方へコピーができるので、バックアップが可能だ。

 電池は専用のリチウムイオン電池である(写真I)。

【写真G】ストロボは発光部がかなり高くポップアップするので、ケラレの心配はない。しかし、近距離ではレンズフードは外しておくべきだ 【写真H】記録メディアのスロットはxD Picture CardとCF Type1/2のダブルスロット。片方から片方へコピーができる 【写真I】電源は専用のリチウムイオン充電池である

 メニューはやや複雑だ。これもオリンパス独自のものだが、もう少しわかりやすくして欲しい。このメニューのうち代表的なものを掲載する(写真J)。


【写真J】メニューの例

 オリンパスC-8080WZは独特の操作系をどう考えるかで、評価が変わってくると思う。慣れの問題もあるが、機種ごとに操作ボタンの位置が微妙に異なったりするのは、同じメーカーのカメラとしてはあまりいいとは言えない。おそらくオリンパス自身、ベストの操作系を求めて、試行錯誤しているのだろうが。

●EDガラスのレンズはシャープだったが

 さてデジタルカメラは実写してみないと本当の実力はわからない。いつもと同じ定点撮影から始めよう。

 ビルの撮影では絞り開放(F2.4)で、広角側の描写はかなりいい。AFの合焦精度もよく、いままでテストした800万画素クラスの広角側ではいちばんいい画質である(写真1A)。絞りをF8まで絞り込むと、非常にいい画質になる(写真1B)。

以降に掲載する作例のリンク先は、撮影した画像データそのものです(ファイル名のみ変更しています)。縦位置のものは、サムネールのみ回転していますが、拡大画像はあえて回転せずに掲載しています。
特に記載がない限り、クリックすると3,264×2,448ピクセルの画像が別ウィンドウで表示されます
【写真1A】広角側での定点撮影。絞り開放からいい画質で、AFの精度もいい
絞りF2.4、絞り優先AE、ISO50
【写真1B】絞り込むとさらにいい画質となる
絞りF8、絞り優先AE、ISO50

 望遠側でもシャープネスは非常にいい(写真2A)。ただし、写真ですぐにわかるように、広角側では約1絞りの露出オーバーとなってしまった(写真2B)。繰り返し撮影しているのだが、結果は同じだった。

 この原因はわからないが、このカメラは望遠側で露出オーバー傾向になるのがほかの実写でもたしかめられた。F8まで絞り込むと、すばらしい画質となる。広角側とあわせて、EDガラス使用の実力を見せつけてくれた。

【写真2A】望遠側でも非常にシャープである。ただし、絞り開放ではどういうわけか1絞りほど露出オーバーになってしまっている
絞りF3.5、絞り優先AE、ISO50
【写真2B】絞りF8は露出も合っていて、いい画質である
絞りF8、絞り優先AE、ISO50

 夜景の撮影では、ノイズリダクションオンとオフとを撮りくらべてみた。絞りの関係で8秒までしか撮影できなかったためか、ノイズリダクションをオフにしてもあまりノイズは目立たない(写真3A)。ノイズリダクションオンでも見分けがつかない程度だ(写真3B)。15秒の露出をするときには注意が必要かも知れない。

【写真3A】ノイズリダクションをONにして撮影したもの
絞りF8、8秒、ISO50
【写真3B】ノイズリダクションをOFFにしてもノイズはそれほど目立たない。8秒と露出時間が比較的短いせいもあるのだろう
絞りF8、8秒、ISO50

 特急列車の通過を連写する撮影だが、これは何度も失敗をしてしまった。というのは、連写の種類が非常に多く、どれを選んだらいいのかわからない。最終的には通常連写だと毎秒1.1コマ、高速連写でも毎秒1.6コマだとわかった。そこで高速連写してみたら、5コマまでしかバッファが追いつかない。毎秒1.6コマということもあって、もう一歩近づいたコマが撮れなかった(写真4)。もう少し高速連写ができるようにして欲しいところだ。

【写真4】いつもの通りのスタート位置から特急列車を連写したうちの最後の3コマ。高速連写でも毎秒1.6コマだから、こういう高速動体にはきびしい。5コマ連写できる点はいいのだが、もう少し高速化して欲しい
絞りF2.8、絞り優先AE、ISO50

 逆光の人物撮影は、オートホワイトバランスで撮影したら、まずまずの色再現になった。また、AFの合焦精度もまずまずだ(写真5A)。晴天モードで撮影したら、さらにきれいな描写になった(写真5B)。

 光の当たり具合を変えて撮影してみたら、オートホワイトバランス(写真6A)のほうが、晴天モード(写真6B)よりもよかった。晴天モードでは少し黄色みがかった。

【写真5A】いつもとモデルさんがちがうが、撮影条件は同じ人物撮影。オートホワイトバランス、AF精度ともまずまずだ
絞りF3.5、絞り優先AE、ISO50
【写真5B】晴天モードではよりきれいに写った
絞りF3.5、絞り優先AE、ISO50
【写真6A】光の条件を変えて撮影してみた。そうするとオートホワイトバランスのほうがいい
絞りF2.8、絞り優先AE、ISO50
【写真6B】晴天モードはやや黄色っぽくなった
絞りF2.8、絞り優先AE、ISO50

 電球の下でのいつもの撮影では、オートホワイトバランスでもかなり補正されることがわかった(写真7B)。ちがいを見せるために、晴天モードにしてみると、このようにちがう(写真7B)。このオートホワイトバランスはかなり低い色温度まで追尾するようだ。

 蛍光灯ではオートホワイトバランスでほぼ正確である(写真8A)。マニュアルの蛍光灯モードでは3種類(白色、昼白色、昼光色)から選べるようになっている。しかし、どれもぴったりとはいかなかった(写真8B)。蛍光灯はオートホワイトまかせのほうがいいようである。

【写真7A】電球の照明でオートホワイトバランスがかなり低くまで追尾していて、ほとんど自然な色になった
絞りF2.4、絞り優先AE、ISO50
【写真7B】比較として、晴天モードで撮影してみた
絞りF2.4、絞り優先AE、ISO50
【写真8A】蛍光灯はオートホワイトバランスでほぼ正解
絞りF3.5、絞り優先AE、ISO50
【写真8B】マニュアルでは3種類の蛍光灯モードが選べるがどれもぴったりにはいかなかった。これは昼光色モード
絞りF3.5、絞り優先AE、ISO50

 このカメラのISO感度はISO50〜400である。そこで、同じ条件で画質をくらべてみた。ISO50ではやや被写体ブレが起きているが、いい画質である(写真9A)。ISO400にゲインアップしても、わずかな縞模様の高感度ノイズが出るぐらいで、目立たない(写真9B)。ただ、もっと暗い場所で手持ち撮影をしなくてはならない場合もあるので、もっと高感度が欲しいところだ。

【写真9A】ISO感度を変えて、画質がどれぐらい変わるかをチェックした。ISO50はやや被写体ブレしているが画質はいい
絞りF2.4、絞り優先AE、ISO50
【写真9B】ISO400の最高感度でもノイズはあまり目立たない
絞りF2.4、絞り優先AE、ISO400

 電球光にかなり追尾しているが、やはり色温度が低い電球では赤く写る(写真10)。逆に、色温度がある程度高い電球だと、自然な色再現となる(写真11)。

 シャッターのタイムラグが短いのはいい。エスカレーターに乗りながらシャッターを切ったが、タイミングのズレが少なかった(写真12)。太陽光に照らされた白い被写体と影というきびしい撮影でも、かなりダイナミックレンジの広さを感じさせてくれた(写真13)。

【写真10】オートホワイトバランスまかせでも、色温度が低いと、このように赤く再現していくれる
絞りF2.4、絞り優先AE、ISO400
【写真11】白熱電球でも色温度がある程度高いと、それほど赤くはならず、自然な発色になる
絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100
【写真12】エスカレーターに乗りながら、壁面の一部を撮影。こういう場合、シャッターのタイムラグが短いのはいい
絞りF2.8、絞り優先AE、ISO100
【写真13】真っ白い長靴が太陽光に照らされているが、明るい部分も影もほどほどに出ていて、ダイナミックレンジの広さがわかる
絞りF5.6、絞り優先AE、ISO50

 オリンパスCAMEDIA C-8080 Wide Zoomは連続撮影の高速化が達成され、あとは操作系をもう少し改良してくれると理想的なカメラになるだろう。とくに、描写の良さは印象的だった。

□オリンパスのホームページ
http://www.olympus.co.jp/
□製品情報
http://olympus-imaging.jp/lineup/digicamera/c8080wz/index.html
□関連記事
【2月16日】オリンパス、光学5倍の800万画素高級機「CAMEDIA C-8080」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0216/olympus1.htm

■注意■

  • 各記事のサンプル画像の著作権は、那和秀峻に帰属します。無断転用・転載は禁じます。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。

  • 作例画像は、オリジナルのままです。縦位置のものは、サムネールのみ回転していますが、拡大画像はあえて回転せずに掲載しています。

バックナンバー

(2004年4月20日)

[Reported by 那和秀峻 / モデル 汐瀬 ナツミ]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.