最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

写真で見るiVDRディスク
〜リードは最大約20MB/sec

4月12日 発表



 アイ・オー・データ機器が発表した、初のiVDR規格対応リムーバブルHDD「USB2-iVDR/20」を紹介する。

 なお、今回使用したのは、量産試作機であり、製品化時には変更される可能性がある。

 HDDのカートリッジの外観は、ゲーム機のROMカートリッジのような印象だ。大きさはMDケースとほぼ同じで、やや背が低く、厚みがある。USBアダプタは、USBカードリーダーを一回り大きくしたような印象だ。

 USBアダプタ経由での使い方は通常のUSB HDDと同じで、Windows XPでは接続するだけで使用でき、ホットスワップもできる。カートリッジを差し込んだ状態で軽いクリック感はあるが、固定機構はなく、いつでも抜き差しできる。

側においたCFと比べると大きさがわかる MDケースと比べると背が低く厚い

USBカードリーダー

 IBM ThinkPad T40に接続してHD BENCHを測定してみた。転送速度は、シーケンシャルのリードが19,852KB/sec、ライトが13,023KB/sec、ランダムリードが8,443KB/sec、ランダムライトが6,635KB/sec。USB経由の1.8インチHDDとしては、高速な部類に入ると言っていいだろう。インターフェイスがシリアルATAなのでそれも影響しているのかもしれない。


■■ 注意 ■■

  • 分解/改造を行なった場合、メーカーの保証は受けられなくなります。
  • この記事の情報は取材した個体のものであり、すべての製品に共通するものではありません。製品のロットにより、重量等が異なる場合があります。
  • この記事を読んで行なった行為(分解など)によって、生じた損害は筆者、PC Watch編集部、メーカー、購入したショップもその責を負いません。
  • この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。
(PC Watch編集部)

 カートリッジは特殊なネジ4本で固定されている。

 カートリッジの内部は特に緩衝材などは設けられておらず、HDDユニットを上下から挟みこむような構造だ。

 HDDユニット以外に特別な基板は用意されておらず、ユニット自体がシリアルATAに対応しているようだ。ネイティブ対応なのか、コントロール基板上で変換しているのかは判断できなかった。

カートリッジを開けた状態 HDDのコネクタ部分

コネクタ部分を別の角度から

□関連記事
アイ・オー、初のiVDR規格準拠リムーバブルHDD
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0412/iodata.htm

(2004年4月12日)

[Reported by date@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.