最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

エプソンと三洋、液晶事業を統合

FPD International 2003に出品された、エプソンの超薄型液晶

3月24日発表



 セイコーエプソン株式会社三洋電機株式会社は24日、中/小型液晶ディスプレイ事業を統合し、新会社「三洋エプソンイメージングデバイス株式会社」を設立することに合意したと発表した。

 統合の対象となるのは、エプソン、三洋電機、鳥取三洋電機、三洋LCDエンジニアリングが保有する、D-TDF/STN/低温ポリシリコンTFT/TFT液晶の製造拠点。携帯電話/デジタルカメラ/車載用など向けの液晶ディスプレイを主なターゲットとする。

 両社の有機EL事業、及びエプソンの高温ポリシリコンTFT事業は、統合の対象に含まれない。

 両社は「両社の得意分野である小型化・高画質化・高精細化・量産化技術を結集し、互いのシナジーを結集」することで、液晶ディスプレイ市場における価格競争の激化、研究開発/設備投資の負担増を乗り越え、「中・小型液晶ディスプレイ市場で圧倒的なプレゼンスを確立する」ことを目的とする、としている。

 エプソンは、液晶事業を分社分割し、統合の前身会社に吸収。三洋電機、鳥取三洋電機、三洋LCDエンジニアリングは液晶事業を前身会社に営業譲渡する。新会社の設立は2004年10月を目処とする。2003年度の、統合される事業の売上高合計は、3,600億円。

 その後設立される三洋エプソンイメージングデバイス株式会社への出資比率はエプソンが55%、三洋電機が45%を予定。代表取締役社長には現 三洋電機 執行役員 コンポーネント企業グループ ディスプレイカンパニー社長 兼 鳥取三洋電機取締役の田端輝夫氏が、代表取締役副社長にはエプソンの取締役ディスプレイ事業部長の有賀修二氏が就任。両氏を含め、取締役にはエプソンが4名、三洋電機が3名を送り込む。

□セイコーエプソンのホームページ
http://www.epson.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.epson.co.jp/osirase/2004/040324.htm
□三洋電機のホームページ
http://www.sanyo.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0403news-j/0324-2.html

(2004年3月24日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.