写真で見るD70
〜D100、Kiss Digitalと実機を比較




 ニコンが満を持して発表した普及型デジタル一眼レフ(DSLR)「D70」と、標準レンズとなる「AF-S DX ズームニッコール ED 18〜70mm F3.5〜4.5G(IF)」。その評価機が編集部にやってきた。

 残念ながらやってきた機材は製品版ではないため、撮影した画像の評価はまだできない。が、外観、機能等の紹介は可能なので、写真を中心に、D70の詳細や、兄貴分であるD100やライバルKiss Digitalとの比較をお届けする。

 まずは外観をご覧いただきたい。

●D100との違い

左からD100、D70、Kiss Digital

 実売価格12万円ながら、CFいっぱいまでの連写が可能など、上級機D100をしのぐ部分もあるD70。実売価格で3〜5万円も違うD70とD100だが、どのような違いがあるのだろうか。

 一見しただけではまるで同じように見える2台だが、よく見比べるとD70のほうがコンパクトで、色が薄く、表面処理の質感もやや低い。グリップを握って構えると、表面の質感の違いがいっそうはっきりする。が、D70が握りにくいというわけではない。

 表面処理ではあきらかにD100のほうが高そうなのだが、スイッチ類の感触はD70のほうがいい。D100ではあらゆるスイッチが、押し込むと粘るような感触があり、押しただけではちゃんと操作できたのかどうかがわからなかったのだが、D70でははっきりとしたクリック感が付き、格段に操作しやすくなった。また、レリーズボタンも半押し位置でクリック感が付いた。

 ボディ内のフォーカス駆動モーターの音は、D100よりも静かになった。さらに、より滑らかに動作するようになったので、合焦速度が速くなったような感じがする。

 ファインダーはD100のペンタプリズムからD70ではペンタミラーに変更されている。ペンタミラーは倍率の点で不利だが、見え方はD100と遜色ないように感じられた。

 バッテリーは共通だが、D70では縦位置グリップ(兼バッテリー増設ケース)用の接点がなくなった。オプションにも用意されていないようである。もっとも、D70はCR2リチウム電池での動作も可能になっているので、重いバッテリーを2つもくっつけて持ち歩く必要はない、ということか。

 ボタン類の配置はどちらもほぼ同じだが、機能の割り当て方が変わっている。とくに、モードダイヤルにあったISO、ホワイトバランス、画像サイズ/画質設定などが、背面ボタンとダイヤルのコンビネーションに変更され、より迅速な操作が可能になった。

 また、AF/MF切替スイッチがやや大きくなり、動作方向も左右から前後に変更され、使いやすくなった。D100では不評な部分であっただけに、大いに歓迎したい変更だが、シングルAFとコンティニュアスAFの切替がメニュー内に移されてしまった。D100では切替スイッチだけで操作できていたが、D70では切替が面倒になった。

 D70ではメニューの文字が大きくなっている。だからといって情報量が減ったわけでもなく、大いに使いやすくなった。普及機のコンセプトにもあった改良だが、欲を言えば緻密で高機能な雰囲気が薄れた。また、D70では、わかりにくいメニューでヘルプが表示されるようになった。

 というわけで、D70はD100の問題点の多くをつぶしてきた。表面処理等に目をつぶれば、D100からの買い替えにも十分意味があるとさえいえる。画質面での評価が楽しみだ。


写真はいずれも左がD100、右がD70
ボディはD100より若干コンパクトに。メニューはフォントが大きくなった
AF/MF切替スイッチが大きくなり、位置も変わって使いやすくなった。が、シングルAFとコンティニュアスAF切り替えはメニュー内に移されてしまい、スイッチ一発では切り替えられなくなった
D70の底面には、縦位置グリップ用の接点が無くなった。オプションにも縦位置グリップは用意されていない
スイッチ類の配置はD100もD70もほとんど同じだが、機能の割り当てが大幅に変わった。とくに、モードダイヤルにあったISO、ホワイトバランスなどの設定が、背面スイッチとダイヤルのコンビネーションになり、操作しやすくなった
微妙に異なる表面処理。D100のほうがより黒く、質感が高く見える。実際に、加工コストもD100の処理のほうが高いのだそうだ
メニューにはヘルプが付いた。右はCR2を使うときのホルダー。3本入る

●お買い得感はD70の圧勝か

 ニコン自身が“Kissキラー”と称するD70。Kiss Digitalと並べると、明らかにD70のほうが数万円は高そうに見える。スペック的にもD70のほうが高いのは既報の通り。実売価格がほぼ同じで、ブランドの好みやレンズ資産に縛られないなら、D70を選ばない理由はないように見える。

 だが店頭では、早くもKiss Digitalの実売価格を下げる動きも見られる。スペックを考えればD70はむしろバーゲンプライスだが、絶対的な価格ではKiss Digitalもまだ魅力を失っていない。

 D70がKiss Digitalの築いた牙城をどれだけ崩すのか。D70の挑戦に、キヤノンがどう反撃するのか。今年もデジタル一眼からは目が離せない。

□ニコンのホームページ
http://www.nikon.co.jp/
□関連記事
【1月28日】ニコン、15万円のレンズ交換式デジタル一眼「D70」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0128/nikon1.htm

(2004年2月6日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.