元麻布春男の週刊PCホットライン

カノープスのDVD作成ソフト「MpegCraft DVD」を試す
〜そして地上デジタル放送開始で思うこと



●MpegCraftの上位版となる「MpegCraft DVD」

 現在市販されているPC、特に量販店で売られるデスクトップPCの多くが、いわゆるテレパソで占められている。

 ひとくちにテレパソといっても、テレビを見れれば良いというものから、キャプチャや編集に重点を置いたものまで様々だが、大半はソフトウェアかハードウェアかは別にしてMPEG-2によるキャプチャをサポートしているものと思われる。

 加えてカノープスのMTVシリーズに代表されるMPEG-2キャプチャカードのユーザーを含めると、わが国でデスクトップPCを使っているコンシューマーのうち、PCでテレビの録画を行なっているユーザーがかなりの割合で含まれているに違いない。

 もちろん筆者もそんな一人。民生用DVDレコーダーをBS/CS主体に使う一方で、地上波(もうアナログと断らないといけないんだよなぁ)の録画にMTVシリーズを使っている。

MpegCraft DVD

 MTVシリーズで録画したファイルをどう処理するかだが、残すものの場合、基本的にはカノープス製の簡易編集ソフトであるMpegCraftでCMをカットし、カット部だけの部分再エンコードで1つのMPEG-2ファイルにし、そのままMPEG-2ファイルとしてDVD-Rに書き出して保存している。

 要するにオーサリングソフトを使ってDVD-Video互換フォーマットにするのではなく、単なるデータDVD-ROMとしてMPEG-2ファイルが書き込まれた状態で残しているわけだ。こうした手順を使っている理由は、色々と個人的かつ歴史的な経緯があってのもの。この方法が良いなどというつもりはさらさらない。気に入ったオーサリングソフトが現れたら、それを前提に手順そのものから見直してもいいとさえ思っている。

 それはともかく、現在カット編集に使っているMpegCraftに上位バージョンが登場することになった。名前の「MpegCraft DVD」が示すように、基本的にはMpegCraftにDVD-Video作成機能を加えたもの。価格は7,800円。

 MpegCraftは下位バージョンとして販売が継続されるほか、MpegCraftからMpegCraft DVDへのアップグレードパッケージ(3,000円)も用意される。なお、このバージョンからアクティベーション機能が導入され、インターネット、FAX、電話等でアクティベーションコードを入手することが必要となる(アクティベーションしない場合、使用期間が30日間に限定される)。

●DVD作成機能は簡易的なもの

 さて、MpegCraft DVDで加わったDVD-Video作成機能だが、基本的にはMpegCraftの「ムービーファイルの保存」機能の延長線上にある。

 使ったことのない人のために簡単に説明すると、MpegCraftでは編集対象として読み込んだ複数のMPEGファイルは、編集区間ごとに細切れのファイルとして出力する(ファイル名には連番が振られる)か、1つのファイルとして出力するかのどちらかとなる。元のMPEGファイルの単位ごとに出力するというオプションはない。

 DVD作成機能は、1つのファイルとして出力するというオプションをDVD作成に当てはめたようなもので、作成されるDVD-Videoは1トラックのDVDとなる(VRフォーマット等はサポートしていない)。

 たとえば、4つのMPEG-2ファイルからDVD-Videoを作成すると、出来上がるDVD-Videoは4つのMPEG-2ファイルが1つのトラックに順番に並ぶだけでメニューの類も一切ないシンプルなタイトルとなる。当然、最初のファイルの再生が終わったらメニュー表示に戻る、といったナビゲーションはできないし、何もしなければファイルの先頭にチャプターを打つこともない。再生すると、単に先頭からシーケンシャルに再生できるだけのタイトルが出来上がる。DVDオーサリングソフトとしては、極めて簡易な作りだといえる。

MpegCraft DVDのメイン画面。どうやらXGA解像度を前提にデザインされたようで、XGA未満の解像度では実用的ではない DVD-Video作成時のファイル設定画面。フレーム単位の編集を行うには、部分エンコード(必要な箇所のみ再エンコード)あるいは全体を再エンコードのいずれかが必要になる

 上で「何もしなければ」と断り書きを入れたことでも分かるように、MpegCraft DVDではチャプターを打つことは可能だ。任意のポイントにチャプターを打つことはもちろんのこと、編集した区間(カット)の先頭、一定時間間隔、シーンの変わり目などに自動的にチャプターを設定することができる。つまりCMをカットすると、自動的にCM明けの地点にチャプターを設定する、といったこも可能だ(この機能はTMPGEnc DVD Author 1.5にもあった)。

 というわけで、DVD-Videoオーサリングソフトとしては、MpegCraft DVDは決して高機能なソフトウェアではない。が、DVD-Videoを作成する際、凝ったメニューを作りたいことももちろんあるが、とりあえず民生用プレーヤーで見ることができるDVD-Videoさえできればいい、ということだって珍しくない。出来合いでいいからメニューを作るオプションがあってもいいとは思うものの、メニュー作りなどオーサリングに長けたソフトはほかにもある。凝ったメニューやナビゲーションを必要とする場合とで、ソフトを使い分ければ良いように思う。

 もうひとつ決して強力と言えないのが、ライティング機能だ。上述したように、MpegCraft DVDがサポートするのはDVD-Video互換のフォーマット(VOB形式)だけで、サポートするメディアもDVD-RとDVD-RWに限られる。追記もできない。

 また、筆者の手元にあるDVD±RWドライブでDVD-RWメディアに書き込もうとしたところ、なぜか書き込みが中止されてしまった。ハードディスクの任意のフォルダにファイル出力できる(VIDEO_TSフォルダを作成できる)から、とりあえずファイル出力しておいて、別のライティングソフトで書き込めば済む話なのであまり気にしてはいないのだが、このあたりはリリース後のバージョンアップに期待したいところだ。

●作業状況がひと目で分かるのが便利

 では、MpegCraft DVDの良いところはなにか。それは、今ソフトが何をやっているのか、ちゃんと把握できる、ということかもしれない。市販されている多くのオーサリングソフトの多くは、AVIキャプチャしたデータをオーサリングソフトの中で編集し、MPEG-2エンコードする、という仕様になっている。こうしたオーサリングソフトでも外部ファイル取り込みの機能を用いることでエンコード済みのMPEG-2ファイルによるDVD-Videoの作成ができるのだが、必ずしも見通しが良いとはいえない。

 オーサリングソフト自身でMPEG-2エンコードしていないファイルについて、再エンコードなしで済む条件と再エンコードとなる条件が、ハッキリしないことが少なくないのである(多くのソフトは、内蔵エンコーダにより作成されたMPEG-2データであれば編集や音声の変換時に再エンコードしないという仕様のようだ)。

 その点MpegCraft DVDは、今何をやっているのか、そのままデータを流用しているのか、編集点付近を部分再エンコードしているのか、全体を再エンコードしているのかが、一目瞭然で分かる。再エンコード拒否派の筆者としては、全体再エンコードが発生した場合は、何かがうまくいっていないと判断して中止するので、この見通しの良さは助かる。

 MpegCraft DVDのオーサリング機能は「簡易」の域を出ないものだが、個人的には利用可能な局面がある、という評価を下している。特にMpegCraftに対する3,000円の追加オプションとしては、これで悪くないように思う。

●ドルビーデジタル変換が欲しい

 さらに追加機能を望むとしたら、筆者はオーサリング系の強化より、音声のドルビーデジタル変換を望みたい。筆者がMPEG-2ファイルをオーサリングしないでデータファイルとして保存する理由の1つは、NTSC版のDVD-Videoでは音声はリニアPCMかドルビーデジタルが必須で、MPEGオーディオがオプション扱いになっていることだったりする。

 DVD-Videoを作成する際、音声をキャプチャしたままMPEGオーディオにできれば、収納効率と作業時間の両面で望ましいのだが、これでは規格外のDVD-Videoとなってしまう。規格外とはいえ、この仕様のDVD-Videoを再生できないプレーヤーの方が少数派であることは十分承知しているのだが、やはり気持ちが悪い。

 現状MpegCraft DVDは、DVD-Video作成時の音声の扱いについてはMPEGオーディオとリニアPCM変換の2本立てだが、これでは互換性に目をつぶるか、収納効率を犠牲にするかの二者択一となる。できればドルビーデジタル変換のサポートが欲しいのである。

 ちなみに、TMPGEnc DVD Authoer 1.5は、ドルビーデジタルのエンコード/デコードをサポートするプラグイン付のバージョン(および既存ユーザーに対するプラグインの単体販売)が12月26日に開始されることになっている。こちらも気になるところだ。



タブーに挑む? 地上デジタル

 地上デジタル放送がついに12月1日スタートした。わが国では新聞とテレビ放送が系列化されているという特殊な事情があるため、表立った批判はあまり見かけないのだが、色々と疑問がある。が、ここでは1点だけ触れてみることにしたい。それは、地上デジタルの最大の売りが高画質で本当に普及するのか、ということだ。

 地上デジタルのスタートを告げる新聞やテレビニュースで真っ先にメリットとして挙げられているのが、地上デジタルが高画質である、ということだ。しかし、高画質はそれほど望まれているのだろうか。筆者はこの点に最大の疑問を感じている。

 もちろん、AVマニアを中心に高画質の放送を望む声があるのは百も承知だ。同じ価格なら、誰もが高画質を選択するのもこれまた自明である。しかし過去の事例は、高画質や高音質といった利点が幅広い一般消費者を獲得する上で決して切り札にならないことを雄弁に物語っている。

コンパクトカセットLカセット
コンパクトカセットDAT
VHSS-VHS
NTSC/アナログBSアナログHiVision
CompactDiscDVD-Audio/SACD

 これは、代替が期待されながら、デファクトスタンダードになれなかったフォーマットの一例だ。この短いリストにBSデジタルを加えても良いのかもしれない。

 地上デジタルが訴求する画質の向上という点で、最も近いのはVHSとS-VHSの関係だと思うが、S-VHSはついにVHSを置き換えることはできなかった。VHSとS-VHSの間の画質差はかなり大きいが、ほとんどの消費者はS-VHSを選ばず、VHSの3倍モードで構わないと考えたのである。

 画質、画質というが、ほとんどの家庭のリビングルームにあるテレビの表面を指でなでたら、ホコリで指は真っ黒になるだろう。これでは画質もへったくれもあったものではない。だが、これが現実だ。

オープンリールコンパクトカセット
コンパクトカセットMiniDisk
アナログレコードCompactDisc
8mmDV
レーザーディスクDVD-Video
銀塩カメラデジタルカメラ
VHS/S-VHS記録型DVD(予定)

 逆にこちらの短いリストは、置き換えに成功したフォーマットの例だ。置き換えたもの(右側)はそれまでの標準(左側)に対して、必ずしも高音質・高画質ではない。一定の音質や画質に達するには右の方が安価で済む、ということはあるかもしれないが、絶対的な音質や画質では必ずしも向上しているものばかりではない。

 では、成功例と失敗例を分けたものは何か。筆者は使い勝手の向上があったがどうかだと考えている。失敗した上の例は、確かに画質や音質は向上するものの、使い勝手に差がないものばかりだ。これに対して下の例は、いずれもデータ(メディア)のハンドリングが容易になっており、使い勝手が向上している。

 一般消費者に一度使ったら元には戻れない、と感じさせるのは音質や画質ではなく、使い勝手の良さなのだ。DATが置き換えられなかったコンパクトカセットを置き換えたのがMiniDisk(MD)であることが、これを象徴している。

 現時点で入手可能なフォーマットのうち、もしCompactDisc(CD)を置き換えるものがあるとすれば、それはDVD-AudioやSACDではなく、MP3に代表される圧縮フォーマットであり、それに対応した機器だと思っている。

 CDに対して音質は向上しない(必ず劣化する)が、そのデメリットより使い勝手が向上するメリットの方が上回ると考えられる。もしDVD-AudioやSACDがせめて8cmを標準と決めてしまえば、12cmのCDでは実現できない新しい使い方の提案ができたのに、と思うのは筆者だけだろうか。

 まず使い勝手が良くなり、それにさらに音質や画質の向上が伴うと、そのフォーマットは確実に標準の座を勝ち取ることができる。成功例のリストを見ると、アナログからデジタルへの移行が多く含まれていることに気づくが、これはデジタル化そのものが評価されたからではない。多くの場合デジタル化はデータのハンドリングを向上させ、それにともなって使い勝手が向上したことが成功をもたらしたのである。

 この原則に地上デジタルをあてはめて見るとどうだろう。確かに画質は向上するが、前例からいくとこれだけで普及することは難しい。使い勝手の点では、デジタル化により向上する余地はあるハズだが、現時点ではコピーワンスによる制約など、むしろ使い勝手の低下が懸念される始末だ。初期のサービスエリアの狭さと考え合わせると、先行きに不安を感じざるを得ない。地上デジタルは、画質の向上を一般消費者に訴求するという「タブー」に挑戦しているようにしか筆者には見えないのである。

□関連記事
【11月13日】カノープス、低価格MPEGエンコーダやMPEG編集/DVD作成ソフトなど(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20031113/canopus.htm

バックナンバー

(2003年12月3日)

[Text by 元麻布春男]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.