最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

アップル、20型iMacとPowerMac G5の説明会を開催

左から20型、17型、15型のiMac。表示されているアップルのホームページを見ても、20型(1,680×1,050ドット)の表示領域の広さが分かる

11月21日 開催

連絡先:Apple Storeコールセンター
     Tel.0120-27753-1



 アップルコンピュータ株式会社は21日、iMacとPowerMac G5の新ラインナップについての説明会を開催した。

 既報のとおりiMacは従来の15型、17型の2モデル構成から、新たに20型の液晶ディスプレイを搭載する最上位機種を追加することで3モデル構成のラインナップへと変更された。17型と20型では液晶ディスプレイのサイズ以外にスペック上の違いはなく、1,440×900ドット(17型)、1,680×1,050ドット(20型)の差がそのまま5万円の価格差となっている。

 iMacに関するプレゼンテーションを行なった大宮哲夫本部長によると、20型iMacに使われている液晶パネルは、基本的に同社製液晶ディスプレイ「20インチ Apple Cinema Display」と同じもので、コントラスト比350:1で230cd/平方mmの仕様だ。やはり同社製Studio Displayを基準とする15型、17型iMacの液晶パネルがコントラスト比300:1、200cd/平方mmであることと比較して、大きさだけではない20型の最上位機種としての優位性を説明した。

 また液晶パネルが大型化、高輝度化していることに伴って本体重量は増加している。17型が10.4kgであるのに対して20型は18.2kgとなかなかのヘビー級だ。台座となる本体部分は共通のため、増加している約8kgの重量はモニターを支えるいわゆる首の部分にかかっているわけだが、もともと同社ではこの部分の強固な設計を強調していたこともあり、設計変更や耐荷重の強化などを行なうことなく、モニタの大型化に対応したという。

左が20型iMac、右が17型iMac。搭載されている液晶ディスプレイのサイズ以外に、スペック上の差異はない 左の20型の液晶パネルは、17型のパネルに比べてかなり肉厚だ。重量にして約8kg増加している 17型を手前にして、20型のパネルと重ね合わせてみたところ。まさにひとまわり大きなサイズとなっている

 また大宮氏は、同じ1.25GHzのPowerPC G4を搭載するデスクトップモデルPowerMac G4との比較についても言及した。現在、同製品はMac OS 9とMac OS Xのデュアルブート仕様で主に国内DTP市場をターゲットに出荷が続けられている。PowerMac G4には三次キャッシュが搭載されているためCPUを中心に考えたパフォーマンスではいまだにiMacに勝るものの、搭載されているGPUが一世代前の製品ということもあり、使用するアプリケーションにもよるがトータルで見ればパフォーマンスの差はさほどでもない。

 仮にPowerMac G4に20型Apple Chnema Displayを組み合わせれば、その価格は約36万円となる。20型iMacは約25万円ということで、その差は11万円。もちろん、PowerMac側は豊富なメモリスロット、PCIバススロット、そして内蔵HDDの追加など多彩な拡張性があるわけで、それらに加えMac OS 9ブートの必要性があればPowerMac G4ということになるが、コスト的には20型iMacのほうがはるかに有利であることを付け加えた。

 15型、17型の製品については、9月の製品発表時とハードウェア仕様上の変更点はない。搭載するOSは従来のMac OS X 10.2(Jaguar)から、10.3(Panther)へと変わった。価格はそれぞれ1万円(15型)、2万円(17型)の値下げとなっている。現在は市場流通在庫もあることから、販売店店頭で同一スペックながら搭載するOSが異なる製品が店頭に並ぶことがあるので、購入時はきちんとOSと価格を確認するのがいいだろう。ちなみに旧モデルとなるJaguar搭載機では、Pantherへのアップデートプログラムが有料(税別2,500円)で利用できる。当然、今回追加された20型はPantherモデルのみの出荷となる。

 この日は、同時に発表されたPowerMac G5の新しいラインナップに関しての説明もあった。こちらは従来の、2GHzデュアル、1.8GHzシングル、1.6GHzシングルというラインナップを見直し、2GHzデュアル、1.8GHzデュアル、1.6GHzシングルという構成に改めたものだ。スペックの変わらないハイエンドとローエンドは、それぞれ15,000円、45,000円の値下げ。ミッドレンジはシングルプロセッサがデュアルプロセッサに変わってスペック面での向上が見られたが5,000円の価格増となった。

 PowerMac G5もiMacと同様に、流通在庫がある間は販売店店頭でJaguarプリインストールモデルと、Pantherプリインストールモデルが、ハードウェア的には同一のスペックで混在することになる。もちろん、スペックの変更があったミッドレンジの1.8GHzモデルは、Pantherプリインストールモデルのみが出荷される。

□アップルコンピュータのホームページ
http://www.apple.co.jp/
□製品情報(iMac)
http://www.apple.co.jp/imac/
□製品情報(Power Mac)
http://www.apple.co.jp/powermac/
□関連記事
【11月19日】アップル、iMacに20型モデル追加
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1119/apple1.htm
【11月19日】アップル、Power Mac G5に1.8GHzデュアル機を追加
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1119/apple2.htm

(2003年11月21日)

[Reported by 矢作 晃]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.