最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Microsoft、Windows XP SP2に新セキュリティ技術
〜修正プログラム適用前でも攻撃から防御可能に

10月9日(現地時間)発表


 米MicrosoftのCEOであるスティーブ・バルマー氏は9日(現地時間)、米ルイジアナ州で開催されている「Worldwide Partner Conference」にて、同社が今後数カ月の間に実施予定の新しいセキュリティ強化策を発表した。

 この強化策は、修正プログラムの改善、世界規模の教育プログラム、Windows XP/Windows Server 2003の新アップデートの3つを骨子としたもので、同社が近年注力しているセキュリティ対策をさらに推し進めるもの。

 これによると、2004年前半に提供予定のWindows XP Service Pack 2(SP2)では、修正プログラムがまだ存在しない、あるいは導入されていない場合においても、システムを攻撃から効率的に守る技術が実装される。

 同技術の詳細は明らかにされていないが、各種の脅威の中でも大きな割合を示している、ポートを対象にした攻撃、Eメール関連の攻撃、悪意のあるWebコンテンツ、バッファーオーバーラン等に対する保護の4点に焦点を当てたものとしている。

 また、Windows Server 2003では、2004年後半に提供予定のSP1で、リモート接続や、イントラネット上のクライアントを検査する技術が投入される。

 なお同社は、Windows NT 4.0、およびWindows 2000へのサポートも拡大する。具体的には両製品に対するセキュリティ修正プログラムのサポートを2004年6月まで延長。加えて、Windows 2000世代の製品の全修正プログラムをロールバック可能にし、修正プログラム適用時の再起動の頻度を従来より3割削減するとしている。

□Microsoftのホームページ(英文)
http://www.microsoft.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.microsoft.com/presspass/press/2003/oct03/10-09SecurityInvestmentsPR.asp
□ニュースリリース(和文)
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=1729

(2003年10月10日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.