最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

アップル、Mac OS X 10.3“Panther”の記者説明会を開催

10月10日開催



 アップルコンピュータ株式会社は10日、都内の本社において、Mac OS X 10.3“Panther”(Panther)についての説明会を報道関係者向けに開催した。説明会には同社の原田永幸 代表取締役社長が出席、Pantherとあわせて同社の事業戦略についても説明した。

 事業戦略では、同社の3つの投資分野「Shopping Experience」(販売)、「User Support」、「Product開発」を説明。とくに販売の中で、訪問販売の強化による実績として、東京大学の情報基盤センターに1,100台のiMacが導入された事例を紹介。店舗に配置する「アップルソリューションコンサルタント」や、銀座に開店するApple Storeとともに、新規ユーザーの開拓に力を入れる姿勢を強調した。

 また、既存ユーザーに対しても、サポート体制の強化のほか、修理料金を2プライス制にしたことや、小規模な修理用にユーザー自身で修理ができるキットを拡充したことなどの実績を披露した。

原田永幸 代表取締役社長 アップルが投資する分野 大量導入した東京大学 情報基盤センターの職員のインタビュームービーが披露された。ディスクレスでOfficeアプリケーションが使え、なじみのあるUNIXベースであること、などが導入決定の要因になったという

 Pantherの新機能は既報のとおり、Finderの改良、デスクトップを1キー操作で整理できるExpose、ログインユーザーを高速に切り替える「ファーストユーザースイッチ」、ホームディレクトリ以下を暗号化する「File Vault」などだが、今回の説明会では日本語化されたPantherが披露された。

 また、日本語版における改良点として、日本語入力ソフトの「ことえり」が3から4へ進化したことが紹介された。ことえり4では変換精度が飛躍的に向上したほか、ユーザーインターフェイスの改良、操作性の向上、Windows風キー操作のサポート、アイヌ語入力モードのサポートなどが行なわれた。

日本語版のPantherのデスクトップ。画面は新設された「アクションメニュー」を表示したところ。メニューバーのアイコンをクリックすることでコンテクストメニューと同じ内容のメニューが表示される。コンテクストメニューの認知度が低いために作られた機能だという。アイコンのファイル名部分を色分けする「ラベル」が復活しているのにも注目 ウィンドウをタイル表示する「Expose」。デフォルトではF9、F10キーなどに割り当てられているが、画面左上クリックによる実行なども設定できる 「ファーストユーザースイッチ」でユーザーを切り替えるところ。3Dキューブトランジションでデスクトップが切り替わる
File Vaultで暗号化されたユーザーのホームディレクトリは、他ユーザーからはディスクイメージに見える。暗号化には128bit AESを採用 新設された「確実にゴミ箱を空にする」コマンド。ファイルのポインタだけでなく、データ自体も数回上書きされ、消去される。米国防総省のセキュリティスペックに準拠した削除機能だ PDFビューアの「プレビュー」は表示と検索が高速になったほか、PostScriptやEPSのデータを表示できるようになった
ことえり4の改良点 アイヌ語用のカタカナ(小さなロやク)の入力が可能になった 選択範囲内のやく物を一括して全角/半角にしたり、旧字体があるものは旧字体にする、などの後変換機能も充実している
パッケージは黒基調になり、エンボス加工などで高級感が演出された 同時に発表された「Mac OS X Server 10.3“Panther”」も、メールサーバーやSamba3など、150以上の新機能が搭載された

□アップルコンピュータのホームページ
http://www.apple.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.apple.co.jp/news/2003/oct/08panther.html
□Pantherの製品情報
http://www.apple.co.jp/macosx/panther/index.html
□関連記事
【10月9日】アップル、Mac OS X v10.3“Panther”を10月25日に発売
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1009/apple.htm

(2003年10月10日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.