最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

オリンパス、27mmからの広角光学4倍ズーム搭載「C-5060」
〜xD-Picture CardとCFスロットを装備

11月上旬

標準価格:オープンプライス

連絡先:カスタマーサポートセンター
     Tel.0120-084-215
     Tel.0426-42-7499



 オリンパス株式会社は、有効510万画素CCDと光学4倍ズームを搭載したデジタルカメラ「CAMEDIA C-5060 Wide Zoom」を11月上旬より発売する。価格はオープンプライス

 35mmフィルム換算の焦点距離が27〜110mmの広角光学4倍ズームレンズを搭載する。開放F値はF2.8〜4.8。なお、35〜105mmの光学3倍ズームを搭載する「C-5050ZOOM」の販売は継続されず、C-5060に移行する。

 レンズ構成はEDレンズ1枚、非球面レンズ2枚を含む7群8枚。レンズ前からの撮影可能範囲は80cm〜無限遠。マクロモードでは20〜80cm、焦点距離が55mmに固定されるスーパーマクロモードでは3cmからの接写が可能。

 撮像素子は1/1.8インチの有効510万画素CCD。記録画素数は2,592×1,944/2,592×1,728/2,288×1,712/2,048×1,536/1,600×1,200/1,280×960/1,024×768/640×480/3,264×2,448ピクセル。記録形式はJPEG/TIFF/RAW。秒間約1.4コマ、約10コマまでの連写と、秒間約3コマ、約4コマまでの高速連写が可能。

 640×480/320×240/160×120ピクセル、15fpsで、記録媒体一杯までの音声付動画撮影も可能。記録形式はMotion JPEG。

xD-Picture Cardスロットに加え、Type2 CFスロットを装備
マルチアングルディスプレイは上方向に開く

 外光AFセンサを搭載し、CCDと合わせて「デュアルAF」を構成。高速なオートフォーカスを実現したとしている。

 光学ファインダのほかに、1.8型(13万画素)TFTカラー液晶ディスプレイを搭載。同シリーズ初のマルチアングルディスプレイだが、他社製では横方向に開くのに対し、C-5060では上方向に開く。同社では上方向へ開くことのメリットを、「光軸の垂直線上にディスプレイを置くことができ、フレーミングがしやすくなる」としている。

 PCとの接続はUSB 2.0 HighSpeed。CIPAが策定したダイレクトプリント規格「PictBridge」に対応する。記録媒体用に、xD-Picture CardスロットとType2 CFスロット各1を装備。xD-Picture Cardは512MBまで対応する。また、CFスロットはMicrodriveに対応する。ファイルシステムはFAT32。

 電源は、同シリーズ伝統の乾電池から、リチウムイオンバッテリになった。このほか、内蔵フラッシュ、ホットシューなどを搭載する。

 本体サイズは116×65.5×87mm(幅×奥行き×高さ)、重量430g(バッテリと記録媒体を含まず)。本体素材はマグネシウム合金。

 テレコンバータ(1.7倍、187mm相当)、ワイドコンバータ(0.7倍、19mm相当)、外部フラッシュ、縦位置用シャッターボタン付きバッテリフォルダ、各種フィルタ、防水プロテクタなどの豊富なアクセサリが用意される。防水プロテクタは外部フラッシュ「FL-20」用のものも用意された。

テレコンバータ(左)とワイドコンバータ

□オリンパスのホームページ
http://www.olympus.co.jp/jp/
□ニュースリリース
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2003b/nr031007c5060wj.cfm
□製品情報
http://olympus-imaging.jp/lineup/digicamera/c5060wz/
□関連記事
【2002年9月24日】オリンパス、xD対応の500万画素コンパクトデジカメ「X-2」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0924/olympus.htm

(2003年10月7日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.