最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

松下、マニュアル操作志向のLUMIXを参考展示

10月2日発表



 松下電器産業株式会社は、2日に開催した同社製デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新製品発表会において、同シリーズの新機種として開発中のデジタルカメラを参考展示した。

 新機種は2004年春の発売を予定する。価格は未定。名称も明らかにはされていないが、展示されたモデルには「DMC-LC1」と表記されている。コンセプトや型番から、DMC-LC5の上位後継機種と推察される。

 仕様では、500万画素CCDと、同社独自の画像処理LSI「VENUSエンジン」を搭載していることが明らかにされている。

 また、レンズには新開発のLeica DC VARIO-SUMMICRONを採用。35mm換算の焦点距離が28〜90mmの光学3.2倍ズームで、開放F値はF2.0。

 新機種は、銀塩フィルムカメラに近いインターフェイスを備えることで、銀塩ユーザーの取り込みを図る。ズーム、フォーカス、絞りは、すべてレンズ鏡胴のリングで手動操作することができ、シャッタースピードは本体上面のダイヤルでダイレクトに設定可能。

 外観は、銀塩のレンジファインダーカメラからフィルム巻上げレバーを取り除いたようなデザインになっている。光学ファインダーの上には外部フラッシュなどを取り付けるためのアクセサリシューが設けられる。

レンズ鏡胴に操作リングを装備。リングは前からズーム、フォーカス、絞り シャッターボタンのそばのダイヤルは、一般的なデジカメではモード切替などを行なうが、この機種ではシャッタースピード設定ダイヤルになっている。光学ファインダーの上にはアクセサリーシュー、上面中央にはどうやらフラッシュが内蔵されているようだ
背面のディスプレイは大型のものが付いているようだ 前面、側面を見た限りでは、ボタン類が少なくシンプル。クラシックな銀塩フィルムカメラのようだ

 同社ではこのほか、本日発表されたLUMIX DMC-FX5/FX1用のワイヤレス通信アダプタも発表。SDカード型のAir H"端末と組み合わせることで、400万画素までの静止画を、画像添付メールとして送信できる。また、撮影した場所の緯度、経度、地名を記録/表示する機能なども装備する。

 なお、LUMIX新機種とワイヤレス通信アダプタは、7日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2003」に参考出品される。

□松下電器産業のホームページ
http://www.matsushita.co.jp/
□ニュースリリース
http://matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn031002-4/jn031002-4.html
□関連記事
【2001年9月17日】松下、Leicaと共同開発した銀塩カメラ風デジカメ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20010917/pana.htm

(2003年10月2日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.