最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

日本HP、無線LAN対応機などインクジェット複合機4製品
〜複合機国内シェア45%を目指す

10月上旬より順次発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:HP Directplusコールセンター
     Tel.03-5304-6777



 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、インクジェット複合機4製品を10月上旬より順次発売する。価格はいずれもオープンプライス。


●無線LAN対応を世界初搭載

HP PSC 2550 Photosmart

 「HP PSC 2550 Photosmart」は、今回発表されたHP PSC 2xxxシリーズ3製品の中の最上位機種。発売は11月上旬で、同社直販サイトでの直販価格は52,800円。

 同製品は、プリンタ、スキャナ、コピー、FAX機能を備えたインクジェット複合機で、インクジェット複合機として初めてIEEE 802.11bによる無線LAN機能を搭載した。

 無線LANは印刷データを受信して印刷するというプリントサーバ的用途だけでなく、スキャンデータを指定したPCに無線送信することも可能。これにより、PCの設置場所にとらわれることなく本製品を設置できる。

 スキャンデータの送信はあらかじめ指定した5台までのPCに対して行なえるほか、添付データとして単体でメール送信する機能も搭載する。無線LAN以外のインターフェイスとして、EthernetとUSB 2.0(Full Speed)も装備する。

 本体サイズは466×373×213mm(幅×奥行き×高さ)、重量は8.7kg。本体上面には2.5型のカラー液晶モニタ、本体前面の給紙トレイ横には各種メモリカードスロットを装備。

 Type1/2 CF、スマートメディア、メモリースティック、メモリースティックPRO、SDメモリーカード、MMC、xD-Picture Cardをアダプタなしに直接挿して、写真データを直接印刷できる。また、スキャンデータをメモリカードに保存することも可能。

ほとんど全てのデジタルカメラに対応できるメモリカードスロット 各種操作ボタンに加え、2.5型のカラー液晶モニタを装備 上蓋には無線LANのLEDが搭載されている

 インクカートリッジは、通常印刷用の4色カートリッジと、写真印刷用の6色カートリッジの2つを交換して利用する。印刷解像度は最大4,800×1,200dpi(4色/フォト用紙使用時)。印刷速度はモノクロ21ppm/カラー15ppm。

 4辺フチなし印刷、両面自動印刷に対応。同社では、プレミアムプラス用紙と6色インク使用時の耐光年数は73年としている。従来機種同様、メディアに保存された画像データをインデックスとして印刷する「フォトシート」機能も搭載する。

 スキャナはフラットベッドタイプで、光学解像度1,200×2,400dpiのCCDセンサを搭載。入出力階調は入力各色16bit/出力各色8bit。用紙サイズは、A4およびレターサイズに対応する。PDF形式での保存も可能。

 PCなしでの単体コピーに対応。コピー速度は、モノクロ21ppm/カラー14ppm。99枚までの連続コピーや、拡大縮小、フチなしコピー機能(L判用紙のみ)などを搭載する。

 FAX機能はCCITT/ITU Group 3に対応。PC FAXとしても利用できる(送信のみ)。

 「HP PSC 2450 Photosmart」は、PSC 2550から無線LANとEthernetを削除したモデルで、それ以外の仕様はほぼPSC 2550に準ずる。発売は10月上旬で、直販価格は39,800円。

 「HP PSC 2310」は、2.5型カラー液晶モニタの代わりに、2行表示のモノクロ液晶モニタを搭載。6色カートリッジ、両面自動印刷モジュールが別売となるほか、FAX機能は搭載しない。発売は10月上旬で、直販価格は26,800円。

HP PSC 2450 Photosmart HP PSC 2310

□関連記事
【2002年9月25日】日本HP、ダイレクト印刷対応の複合プリンタなど
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0925/hp.htm

●世界最小複合機の上位モデル

HP PSC 1350

 「HP PSC 1350」は、“世界最小”を謳う「hp psc 1210」と同サイズの筐体を採用し、新たにPSC 2xxxシリーズと同じメモリカードスロットを装備した。11月上旬の発売で、直販価格は19,800円。

 印刷速度はモノクロ17ppm/カラー12ppmで、3辺フチなし印刷に対応。インクカートリッジは4色/6色交換式で、6色カートリッジは別売。

 600×2,400dpiのCISセンサを搭載。入出力階調は入力各色12bit/出力各色8bit。コピー速度はモノクロ17枚/ppm、カラー12枚/ppm。

 本体サイズは426×259×170mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.4kg。

□関連記事
【2月26日】日本HP、世界最小のコピー/スキャナ/プリンタ複合機
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0226/hp.htm


●複合機国内シェア45%を目指す、と樋口社長

 1日に行なわれた製品発表会では、同社代表取締役社長の樋口泰行氏がイメージング事業の今後の展開などについて語った。

代表取締役社長の樋口泰行氏

 樋口氏はまず、「今回、非常に強力なラインナップを用意できた。企業業績は回復し、消費者市場も6月から前年比プラスの商品が増えるなど、景気もようやく回復の兆しが見えてきた。デジタルカメラの好調も起因し、年末商戦には非常に期待できる」とコメント。

 今回、2万円から5万円までの各価格帯で複合機のラインナップを取りそろえた同社だが、この点について樋口氏は、「オールインワン(=複合機)は新カテゴリだが、その割合は世界中で急激に伸びており、米国では50%以上に達している。日本でも年末には30%に達する見込みで、年末商戦を軸に、オールインワンならHPという位置づけを確保したい」と述べ、今後、複合機を中心とした展開を図ることを明確にした。

 また、新製品について「これまでは、国内の競合他社に追いつくことを目指してきたが、今回の新製品では無線LANを搭載するなど、先行する立場に立った」と述べたほか、年末の複合機シェアを上半期の39%から45%に伸ばしたいと自信を見せた。

□日本HPのホームページ
http://www.hp.com/jp/
□ニュースリリース
http://www1.jpn.hp.com/info/newsroom/pr/fy2003/fy03-193.html
□製品情報
http://www.jpn.hp.com/hho/inkjet/psc2550/ (HP PSC 2550 Photosmart)
http://www.jpn.hp.com/hho/inkjet/psc2450/ (HP PSC 2450 Photosmart)
http://www.jpn.hp.com/hho/inkjet/psc2310/ (HP PSC 2310)
http://www.jpn.hp.com/hho/inkjet/psc1350/ (HP PSC 1350)

(2003年10月1日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.