COMPUTEX TAIPEI 2003会場レポート ノートPC編

Athlon 64搭載ノートPCが参考出品される


会場:Taipei World Trade Center Exhibition Hall 1
   Taipei World Trade Center Exhibition Hall 2
   Taipei World Trade Center Exhibition Hall 3
会期:9月22日〜26日(現地時間)


 COMPUTEX TAIPEI 2003におけるノートPC分野での新製品といえばやはりCentrinoということになる。各ベンダーからはいくつものCentrino製品が出展されているが、さすがに新鮮味が薄れた感も否めない。

 そんな中、今回のCOMPUTEXの目玉となるCPU、Athlon 64を搭載したノートPCが参考出品され、注目を集めている。

 ここではノートPC、モバイルPCに関する展示をレポートする。


●OEMメーカー「Arima」からAthlon 64ノート

ArimaのAthlon 64ノートPC

 COMPUTEX TAIPEIにノートPCを出展するベンダーのほとんどは、台湾に数多あるOEM専業メーカーだ。こうした専業メーカーのブースを覗いていると、日本の著名メーカーのノートPCのOEM元がはからずもわかることがあったりもする。

 Athlon 64搭載ノートPCを出展したのは、そんなOEMメーカーのひとつである「Arima」。CPUにAthlon 64 3000+または3200+を搭載可能な2スピンドルのデスクトップ代替ノートPCで、展示機のシステムのプロパティには、「3000+ 1.8GHz」と表示されていた。

 表示されていたスペック表のCPU名には「Athlon 64(64bit)DTR」と、「DTR」すなわちDesktop Replacement(デスクトップ代替)の文字が付与されている。ブースの説明員はこの点については明らかにしてくれなかったが、Athlon 64でも、現行のAthlon XPと同様にデスクトップ代替ノートPC用のバリエーションが用意されるのかもしれない。

 このほかのスペックは、ビデオチップにATI M9(MOBILITY RADEON 9000、32MB)を搭載。ディスプレイは15型で、XGA、SXGA+、UXGAが搭載可能。本体サイズは350×287×40.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.4kg以下。8セルのリチウムイオンバッテリで2時間の駆動が可能としている。

 なおブースの説明員は、Athlon 64のモバイル版を搭載した小型のノートPCも開発中で、来年には発表するとのこと。発表前のCPUがノートPCに搭載されており、かつ触れる状態で展示されていたため、多くの注目を集めていた。

システムのプロパティには「Athlon 64 3000+ 1.80GHz」と表示される ケース内だけでなく、触れる状態でも展示されていた。3D Mark 2001SEがインストールされていたが、次々と様々な人が触るために完走せず スペックには「Athlon 64 DTR」とある


●MiTACはDothan対応ノート

MiTACのDothan対応ノートPC「8069B」

 MiTACはいくつかのCentrino対応ノートPCを出品しているが、その中のひとつ「8060B」のスペック表には「Support Intel Banias/Dothan CPU」と表記されている。

 チップセットに855PM、ビデオチップにGeForce FX Go 5200f(64MB)、ディスプレイに15.2型のワイド液晶を搭載。重量は2.7kgだが、本体の厚みが29mmで、「Ultra Thin & Light」としている。

 このほかMiTACではCentrino対応の頑丈ノートPCも展示されていた。


8060Bのスペック表には「Dothan」と表記されている MiTACの軽量頑丈ノートPC「W130」。Pentium M 1.1GHz、12.1型液晶を搭載。3フィート防水、防塵、耐衝撃性能を備える。また、無線LANのほかに、GSM、CDMA準拠のワイヤレスモデムを内蔵する こちらはPentium M 1.6GHzと14.1型の液晶を搭載可能な「A770」。軍用規格「MIL SPEC」に準拠する


●Acerから14型のTablet PC

Acerの14型Tablet PC「TravelMate C300」

 日本では今ひとつ盛り上がりに欠けるTablet PCだが、COMPUTEX TAIPEIではいくつかの新製品が出展されている。

 Acerは、Tablet PCではおそらく最大の14.1型型液晶を搭載する「TravelMate C300」を展示。同社のTravelMate C100シリーズと同様に、液晶を回転させてキーボード上に折りたたむコンバーチブルタイプとなっている。

 詳細なスペックは公開されていないが、Centrino準拠とされている。最大2GBのDDR SDRAMや、60GBのHDDを搭載可能としており、Acerでは「デスクトップ代替PCとTablet PCの妥協のない融合」としている。

 このほか昨年もTablet PCに注力した内容で展示したTATUNGは、低電圧版Pentium M 900MHzまたは1.2GHzと12型液晶を搭載するピュアタブレットタイプの新製品を展示。APLUXでは珍しくVIA C3 800MHz/1GHzを採用したピュアタブレットタイプ、AMTEKではiMac風の外装を持ち「iTablet」と称するピュアタブレットタイプが展示されていた。


TATUNGのピュアタブレットタイプ。専用キーボードのスタンドに取り付けて、デスクトップモードにできる APLUXのC3を搭載するTablet PC。ドッキングステーションには光学ドライブが収まる
AMTEKの「iTablet」。白と透明の樹脂素材で、iMac風の外観。ドック取り付け時には、ディスプレイをピボットさせることができる。CPUはCrusoe TM5800の1GHz
MiTACの頑丈Tablet PC。Pentium M 1.1GHzをマグネシウムの筐体に搭載する Acer同様に14.1型XGA液晶を搭載するClevoのコンバーチブルタイプ「T210C」。Pentium M 1.7GHzを搭載する


●ワイド液晶搭載ノートPCが多数展示

 様々なOEMメーカーで、ワイド液晶を搭載したノートPCをよく見かける。前述のMiTACのDothan対応ノートPCは15型のワイド液晶だが、ノートPCのOEM専業メーカー「Clevo」は16型、17型などのWXGA(1,280×768ドット)ワイド液晶搭載モデルを多数展示していた。日本市場に安価なワイド液晶搭載ノートPCが登場するのも、そう遠くなさそうだ。


Clevoのフラッグシップ「D470V」。17型WXGA液晶に、Pentium 4 3.2GHz、MOBILITY RADEON 9600PROと「全部入り」 Clevo D375CはPentium M 1.7GHz、16型WXGA液晶のThin & Light ワイド液晶ではないが、Clevoは3G/GPRSのワイヤレスモデムを内蔵したモデルも参考出品。FDDと光学ドライブが一体になった外部ドライブも注目


●ノートPC用のMini PCIビデオキャプチャーカードが登場

 ノートPC用の気になる周辺機器もとりあげておこう。PixelViewはMini PCIスロット用のTV/FMチューナーカードを展示。MPEG-1/2/4でのキャプチャも可能となっている。また、PCカードやSDカード型のFMチューナーモジュールも展示していた。


PixelViewのMini PCI用チューナー付ビデオキャプチャーカード。ThinkPad R30で動作していた PCカードスロット用のFMチューナーモジュール
SDカードスロット用のFMチューナーモジュール。Pocket PCとPalm OSで動作していた

□COMPUTEX TAIPEI 2003のホームページ(英文)
http://www.computex.com.tw/computex2003/

(2003年9月23日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.