最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

京セラ、厚さ15mmのレンズ回転式デジカメ「Finecam SL300R」
〜3.5コマ/secで記録媒体一杯に連写可能

9月下旬発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:お客様相談室
     Tel.0077-78-0500



シルバー

 京セラ株式会社は薄型のレンズ回転式コンパクトデジタルカメラ「Finecam SL300R」を9月下旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は45,000円前後の見込み。

 100×15×62.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量約125gの薄型ボディに、レンズ回転機構を搭載。液晶ディスプレイの角度を変更することでフレーミングの自由度が増し、いわゆる「自分撮り」も可能になっている。

 また、8月に発売されたFinecam S5Rに引き続き、画像処理チップに「RTUNE」(アールチューン)を採用。転送速度10MB/sec以上の記録媒体使用時には、約3.5コマ/secで、記録媒体一杯までの連写(フルメモリ連写)が可能となっている。

 さらにRTUNEは、CCDから受け取ったアナログデータを、デジタル変換前に画像調整。内部で16bit処理(出力は12bit)することで、よりノイズが少なく、細かい階調の画像を出力できるとしている。

 撮像素子は1/2.7インチの原色フィルタ付き有効317万画素CCD。記録画素数は2,048×1,536/1,600×1,200/1,280×960/640×480ピクセル。640×480/320×240/160×120ピクセルで30または15fpsの音声付動画も、記録媒体一杯まで撮影可能(転送速度10MB/sec以上の記録媒体使用時)。

 レンズは6群7枚構成で、35mmフィルム換算の焦点距離が38〜115mm相当の光学3倍ズーム。開放F値はF2.8〜4.7。

 1.5型(11.8万画素)の透過/反射併用TFT液晶ディスプレイを搭載。光学ファインダーは搭載しない。記録媒体用にSDカードスロット×1を装備する。PCとの接続はUSB。このほか、ストロボを内蔵する。起動時間は1秒未満、シャッタータイムラグは約0.07秒。電源はリチウムイオンバッテリ。

 本体色はシルバー、ライトブルー、レッドが用意される。発売から10月31日までにFinecam SL300Rを購入すると、本体色をオレンジ、グリーン、ピンク、ブルー、イエロー、チャコールに変更できるキャンペーンが実施される。

□京セラのホームページ
http://www.kyocera.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2003/0901.html
□関連記事
【8月8日】京セラ、3コマ/秒でメモリーカード一杯まで撮れる「Finecam S5R」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0808/kyocera.htm
【5月14日】ニューコアテクノロジー 経営陣インタビュー
「イメージプロセッサ戦争が始まっている」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0514/nucore2.htm

(2003年9月12日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.