最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

メルコ、256Mbit SDRAMを128Mbitに偽装する「Virtual Bank Memory」技術

※写真は試作品のため、実際の製品とは異なる可能性があります

9月4日 発表



 株式会社メルコは4日、256MbitのSDRAMを256Mbitおよび128Mbitの両方で利用可能にする「Virtual Bank Memory」技術を発表した。

Virtual Bank Memoryを開発したパソコン関連事業部 第一開発グループの豊後基彦氏

 Virtual Bank Memoryは、SDRAM DIMM用に開発された技術。同社によると、現在発売される新規デスクトップPCは、ほぼ100%がDDR SDRAMを搭載するが、既存PCのメモリアップグレート市場では、DDRの比率は35%程度に過ぎず、全体のおよそ65%をSDRAMが占めるという。

 SDRAMに対応した代表的なチップセットとしては、Intel 440BX/810/815/845や、SiS 630などが挙げられるが、このうち、Intel 440BX/810/SiS 630は、仕様上の制限から128Mbitメモリにしか対応できない。

 そのため、同じ容量のDIMMであっても、使用しているチップが128Mbitなら利用できるが、256Mbitでは問題が発生する。具体的には実容量の半分しか認識されないというものだが、同社が検証したところでは、全く認識できないケースがほとんどだったという。

 同社では今後も4年間はSDRAMの需要が続くと見ているが、メモリの大容量化やコストの兼ね合いから、搭載メモリチップの128Mbitから256Mbitへの移行が進みつつあり、128Mbitチップの供給は減少しつつあるという。

新規PC搭載メモリ(左)と、既存PC用単体メモリ(右)のシェア。黄色がDDRで、水色がSDRAM 今後のメモリ需要予測

 256Mbit化は、搭載チップ数の半減により、DIMMの単価下落をもたらすが、一方で上述のような問題を生じさせる。

 この問題を解消するため、Virtual Bank Memoryでは、メモリチップは256Mbitのものを搭載しつつ、基板上に独自のチップセット判別回路とメモリ偽装回路を実装。

 PCの起動時にチップセットの判別を行ない、256Mbitに対応したチップセットであれば、そのまま256Mbitとして動作する。そうでない場合は、チップが128Mbitであるかのように偽装。これにより、Intel 810やSiS 630でも256Mbitチップの利用が可能となる。

 なお、Intel 440BXをはじめとした440シリーズは、2バンクに同時アクセスする高速化機能のため、対応できない。

128Mbit DIMMと256Mbit DIMMの仕様の違い Virtual Bank Memoryのブロックダイヤグラム

 同社では、すでに量産可能な体制が整っているが、市場にまだ128Mbitチップが潤沢に供給されているため、あえて生産を見合わせており、製品の出荷時期は未定としている。

 価格も未定だが、128Mbitチップ搭載品よりも安くなる見込み。ラインナップは128MBと256MBが予定されている。

 また、ノートPC用製品も検討はしているが、対象となるノートPCの多くがIntel 440MXなどVirtual Bank Memoryが対応できないチップセットを利用しているという状況から、製品化の目処はたっていないという。

Virtual Bank Memory対応製品の表面(下)と裏面(上) 表面中央の白い大きなチップ(左)と、裏面中央に2個載っているチップ(右)が256Mbitを128Mbitに偽装する回路
表面右側に、チップセットを自動判別する回路を搭載。また、2つのモードを搭載するため、メモリの情報を蓄積したSPDも2個搭載する 万一、自動判別回路が正常に動作しないことを考慮して、強制的にモードを切り替えるディップスイッチも裏面に搭載する Intel 810チップセットでVirtual Bank Memory対応メモリを動作させるデモ

□メルコのホームページ
http://www.melcoinc.co.jp/
□ニュースリリース
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/new/2003/048_1.html

(2003年9月4日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.