CPUクロック上昇進む、2GHz台が中心に


 今回の「PC Watch読者環境調査」のアンケートでは、5,521人の方からのご回答をいただきました。アンケートにご協力いただきまして、ありがとうございました。

【総評】
 今回の調査では、CPUクロックの上昇がめざましく、初めて「〜2.4GHz」が最頻値となった。また、HDD、メモリの大容量化傾向も続いている。
 周辺機器では、マルチフォーマット対応の書き込み/書き換えDVDドライブと、17インチLCDディスプレイが大幅に伸びている。
 接続環境はADSL/CATVの普及が一服したが、FTTHは引き続きポイントを伸ばしている。

【今回の最頻値】
    所有台数 2台、自作のデスクトップPC/AT互換機
  • OS:Windows XP Professional
  • CPU:Pentium 4
  • クロック:〜2.4GHz
  • メモリ:〜512MB
  • HDD:〜200GB
  • ディスプレイ:17インチCRT、解像度〜1,280×1,024ドット
  • インターネット接続:xDSL(フレッツADSL除く)
  • 家庭内LAN:構築している

□アンケート結果バックナンバー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/backno/survey.htm


所有台数・形状・形態

 所有台数・マシンの形状・形態については、従来同様、所有台数2台、自作のPC/AT互換機が最多数と大きな変化は無い。


パソコン所有台数人数比率
1台610人 11%
2台1,471人 26%
3台1,310人 23%
4台795人 14%
5台412人 7%
6台以上923人 16%


メインで使っているマシンの形状人数比率
デスクトップ(据え置き型)4,793人 86%
ノート728人 13%


メインで使っているマシンの形態人数比率
自作3,902人 70%
メーカー製(ショップブランド含む)1,619人 29%


メインで使っている機種とOS

 機種別ではPC/AT互換機が95%と、前回よりもさらに増えている。

 OS別では、Windows XP Professionalが5%伸びて42%となった。Windows XP Home Editionも合わせると56%となり、初めてWindows XPが過半数を超えた。

 Windows 2000とWindows 98は2位と4位を守っているが、比率は引き続き下がっている。


メインで使っている機種人数比率
PC/AT互換機5,257人 95%
Macintosh216人 3%
PC-9836人 0%
その他12人 0%


メインで使っているOS人数比率
Windows XP Professional2,360人 42%
Windows 20001,693人 30%
Windows XP Home Edition777人 14%
Windows 98(SEも含む)227人 4%
Mac OS X174人 3%
Windows Me132人 2%
Linux49人 0%
Mac OS 9.x以前43人 0%
FreeBSD22人 0%
Windows NT10人 0%
Windows 958人 0%
Linux、FreeBSD以外のPC UNIX5人 0%
Lindows OS(β版も含む)0人 0%
その他21人 0%
※2003年7月調査から「Lindows OS」を追加


CPU・メモリ

 CPUはPentium 4が35%と伸び、3分の1以上を占めた。Athlon XPとCeleron(Netburst)が微増し、Pentium IIIとCeleron(P6)が減少している。「その他」の回答のほとんどは「Pentium M」だった。次回からは独立した選択肢が必要だろう。

 CPUクロックは前回から大幅に向上し、「〜2.4GHz」が最頻値となった。回答比率は13%で、前回の8%から大きく伸びている。2GHzオーバーの高クロック帯は前回の19%から32%へ伸び、約3分の1を占めている。


Pentium 41,971人 35%
Athlon XP1,181人 21%
Pentium III815人 14%
Celeron(P6コア)419人 7%
Athlon209人 3%
Celeron(NetBurstアーキテクチャ)192人 3%
PowerPC G4158人 2%
Xeon95人 1%
Athlon MP88人 1%
Duron77人 1%
PowerPC G355人 0%
Pentium II42人 0%
K6シリーズ41人 0%
Crusoe36人 0%
MMX Pentium20人 0%
C313人 0%
Pentium III Xeon6人 0%
i486以前(Am5x86、Cyrix 5x86も含む)5人 0%
わからない4人 0%
Pentium4人 0%
Pentium Pro4人 0%
PowerPC 601/604/603e/604e2人 0%
Opteron1人 0%
その他83人 1%
※2003年7月調査から「Opteron」を追加


わからない4人 0%
100MHz以下10人 0%
〜200MHz18人 0%
〜300MHz44人 0%
〜400MHz80人 1%
〜500MHz170人 3%
〜600MHz152人 2%
〜700MHz133人 2%
〜800MHz258人 4%
〜900MHz203人 3%
〜1GHz392人 7%
〜1.1GHz63人 1%
〜1.2GHz197人 3%
〜1.3GHz95人 1%
〜1.4GHz216人 3%
〜1.5GHz72人 1%
〜1.6GHz213人 3%
〜1.7GHz295人 5%
〜1.8GHz305人 5%
〜1.9GHz58人 1%
〜2.0GHz394人 7%
〜2.1GHz74人 1%
〜2.2GHz144人 2%
〜2.3GHz74人 1%
〜2.4GHz753人 13%
〜2.5GHz217人 3%
〜2.6GHz384人 6%
〜2.7GHz77人 1%
〜2.8GHz154人 2%
〜3.0GHz153人 2%
〜3.1GHz86人 1%
〜3.2GHz27人 0%
3.2GHz超7人 0%
※2003年7月調査より「〜3.1GHz」、「〜3.2GHz」を追加


 メモリの最頻値は引き続き「〜512MB」だったが、前回の50%かから45%へ下がっている。それに対し「〜1024MB」は15%から24%へと伸び、2位に上昇した。〜1,024MBおよび1,024MB超のレンジを合わせると30%となり、大容量化が進んでいる。

 種類別では、DDR SDRAMが58%と過半数を占め、集中化が進んでいる。

メモリ容量人数比率
〜64MB以下17人 0%
〜128MB91人 1%
〜256MB698人 12%
〜512MB2,538人 45%
〜768MB450人 8%
〜1024MB1,363人 24%
1024MB超365人 6%


メモリの種類人数比率
DDR SDRAM3,225人 58%
PC133対応SDRAM(PC133)1,134人 20%
SDRAM(〜PC100)706人 12%
RIMM273人 4%
わからない105人 1%
EDO48人 0%
ファーストページ13人 0%
VC SDRAM8人 0%
その他9人 0%


HDD容量・所有ドライブ・ディスプレイ

 HDD容量では、「〜200GB」がトップで、前回から2%伸びている。「〜40GB」と「〜80GB」が減少する一方で、「〜120GB」や「〜300GB」が増加しており、すべて10%を占めている。大容量化は進んでいるが、進行は他の分野よりもゆっくりしている印象だ。

 搭載ドライブは、各種の書き込み/書き換えDVDが41%から53%へと増加している。しかし、単機能のドライブは横ばいから微減へ転じており、マルチフォーマット対応ドライブが大きくポイントを伸ばした。

 「その他」は、PD、USBフラッシュメモリ、各種メモリカードなど。

HDD人数比率
6GB以下34人 0%
〜10GB70人 1%
〜20GB257人 4%
〜30GB240人 4%
〜40GB559人 10%
〜50GB67人 1%
〜60GB400人 7%
〜70GB46人 0%
〜80GB603人 10%
〜90GB62人 1%
〜100GB219人 3%
〜110GB48人 0%
〜120GB578人 10%
〜130GB39人 0%
〜140GB139人 2%
〜150GB78人 1%
〜200GB877人 15%
〜300GB590人 10%
〜400GB258人 4%
〜500GB124人 2%
〜600GB55人 0%
600GB超179人 3%
※2003年7月調査より「〜600GB」を追加


所有マシンの搭載ドライブ人数比率
CD-RW3,206人 58%
FDD2,881人 52%
DVD-ROM2,272人 41%
CD-RW/DVD-ROMコンボ1,564人 28%
CD-ROM1,404人 25%
MO1,242人 22%
DVD-R/RW867人 15%
DVD-Multi(DVD-RAM/R/RW)607人 10%
DVD±RW/±R492人 8%
DVD-RAM/R409人 7%
DVD+RW/R390人 7%
DVD-RAM276人 4%
ZIP163人 2%
スーパーディスク125人 2%
DVD+RW109人 1%
DVD-R100人 1%
DVD±RW/±R/RAM41人 0%
その他122人 2%
※2003年7月調査から「DVD±RW/±R/RAM」を追加


 ディスプレイは17インチLCDが13%を占め、前回4位から一気に2位に上がった。従来LCDは15インチがトップだったが、17インチが逆転した。トップは17インチCRTだが減少傾向が続いており、全体で見てもCRTとLCDの比率は接近してきた。

 解像度は「〜1,280×1,024ドット」が48%でトップ。17インチLCDが伸びた理由の一端は、この解像度が表示できることだろう。

ディスプレイ人数比率
〜17インチ CRT1,746人 31%
〜17インチ LCD759人 13%
〜19インチ CRT723人 13%
〜15インチ LCD685人 12%
〜16インチ LCD301人 5%
13.3インチ以下のLCD288人 5%
17インチ超のLCD259人 4%
〜21インチ CRT244人 4%
15インチ以下のCRT221人 4%
〜14インチ LCD148人 2%
21インチ超のCRT106人 1%
その他41人 0%


解像度人数比率
〜1,280×1,024ドット2,669人 48%
〜1,024×768ドット1,850人 33%
〜1,600×1,200ドット558人 10%
〜1,400×1,050ドット180人 3%
1,600×1,200ドット超101人 1%
800×600ドット以下73人 1%
その他90人 1%


インターネット接続環境

 常時接続率、家庭内のLAN構築率とも微増。無線LAN利用率は5%伸びて37%と3分の1を超えた。

 接続環境別では、ADSLとCATVが伸び悩み、光接続環境(FTTH)が増えている。FTTH全体では、前回の9%から13%と初めて10%を超えた。


接続環境人数比率
xDSL(フレッツADSL除く)1,701人 30%
フレッツADSL1,649人 29%
CATV818人 14%
Bフレッツ593人 10%
FTTH(Bフレッツ除く)199人 3%
集合住宅備え付けのインターネットサービス123人 2%
フレッツISDN(ISDN64Kbps)115人 2%
AirH"/b-mobileなどの定額制PHS88人 1%
56kbpsモデム83人 1%
ISDN 64kbps82人 1%
PIAFS(AirH"除く)11人 0%
高速無線アクセスサービス(Speednetなど)11人 0%
33.6kbps以下のモデム9人 0%
ISDN 128kbps(2B)7人 0%
FOMA2人 0%
OCNエコノミーなどの128kbps常時接続2人 0%
デジタル専用線128kbps以上0人 0%
その他28人 0%

xDSLなどのインターネット常時接続環境人数比率
使用している5,179人 93%
使用していない343人 6%

家庭内でLANを構築していますか?人数比率
している4,457人 80%
していない1,065人 19%

家庭内で無線LANを利用していますか?人数比率
している2,075人 37%
していない3,447人 62%


回答者内訳

性別人数比率
男性5,471人 99%
女性50人 0%


年齢人数比率
〜15歳27人 0%
16歳〜20歳249人 4%
21歳〜25歳649人 11%
26歳〜30歳1,313人 23%
31歳〜35歳1,387人 25%
36歳〜40歳945人 17%
41歳〜45歳513人 9%
46歳〜50歳229人 4%
51歳〜55歳125人 2%
56歳〜60歳39人 0%
61歳〜65歳24人 0%
66歳〜70歳12人 0%
71歳〜75歳6人 0%
76歳〜80歳1人 0%
81歳以上3人 0%

プレゼント人数比率
インプレス特製携帯電話型電卓4,075人 73%
不要1,409人 25%


□関連記事
アンケート結果バックナンバー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/backno/survey.htm

(2003年8月6日)

[Reported by PC Watch編集部]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.