最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ミノルタ、実売3万円の屈曲光学系デジカメ
「DiMAGE X20」

8月8日発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:フォトサポートセンター
     Tel.0570-007-111
     Tel.03-5351-9410


 ミノルタ株式会社は、デジタルカメラ「DiMAGE X」シリーズの新機種として、「DiMAGE X20」を8月8日から発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は3万円前後の見込み。

 DiMAGE Xシリーズは屈曲光学系を採用し、薄型ボディながらレンズが飛び出さない光学3倍ズーム「フラットズーム」を実現したコンパクトデジタルカメラ。DiMAGE X20は同様の光学系を搭載しながらコストダウンをはかり、廉価版としたモデル。なお、現行機種のDiMAGE Xtは併売される。

本体前面左下の丸い部分にあるLEDは7色に光り、セルフタイマーや動画撮影時のインジケータとして機能する ストラップが片釣りから両釣りに変更された 屈曲光学系のイメージ。CCDは底面に上向きに置かれる

 撮像素子は1/3.2インチの原色フィルタ搭載CCDで、有効画素数は約200万画素。記録画素数は1,600×1,200/1,280×960/640×480ピクセル。記録形式はJPEG。320×240/160×120ピクセル、15fpsの動画撮影にも対応している。記録形式はMotion JPEG(MOV)で、メモリカード容量または電池寿命いっぱいまで撮影可能。

 レンズは9群10枚で、35mmフィルム換算の焦点距離は37〜111mm、開放F値は2.8〜3.7。撮影可能距離はカメラ前面から10cm〜無限遠で、全域でマクロ撮影に対応する。5点マルチのワイドAFを備える。

 電源投入から撮影可能になるまでの時間は約1秒。ポートレートモード、セルフポートレート撮影、簡単画像合成などの機能を備える。

 1.6型、約85,000画素のTFT液晶ディスプレイを搭載。光学ファインダーは装備しない。

 SDメモリーカードスロット×1を搭載し、MMCにも対応する。PCとの接続用にUSBを備え、USBマスストレージクラスに対応する。また、PCとUSB接続することで、USBカメラとして利用することができる。

 電源は単三電池2本で、アルカリ電池とニッケル水素充電池に対応する。

 本体サイズは86×23.5×67mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約115g。

レンズ左下の丸いミラーは自分撮りに使える。従来機どおり、電源オフ時はレンズバリアが閉まる 電源は単三電池2本。SDメモリーカードスロットは、カード非挿入時はカバーが閉まる
DiMAGE Xtとの比較

□ミノルタのホームページ
http://www.minolta.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.minolta.com/japan/release/dp/03-07-17_j.html
□製品情報
http://www.dimage.minolta.co.jp/x20/
□関連記事
【3月3日】ミノルタ、新デザインの屈曲光学系デジカメ「DiMAGE Xt」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0303/minolta1.htm

(2003年7月16日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.