最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、Windows 98などサポート期限に関する説明会を開催

Windows 98の無償サポートは6月30日で終了

6月10日開催発表



 マイクロソフト株式会社は、6月30日にWindows 98の無償サポートが終了することにともない、同社の製品ライフサイクルに関する説明会を開催した。

 同社では、昨年10月に既報のとおり、「マイクロソフトサポートライフサイクルポリシー」を導入、無償・有償による、OSやアプリケーション製品のサポート期限を初めて明確化した。

 ライフサイクルポリシーの導入について同社では、「Windows 2000を発売した当時から、製品サポート期間についての問い合わせを多くうけた。しかし、実際には明確な期日が決まっておらず、当面続ける、という以上の回答ができなかった。これでは企業の導入計画が成り立ちにくく、製品導入の妨げとなっていた」と述べ、サポート期間を明確にすることで、企業への導入を促進する狙いがあるという。

3フェーズに分かれていた旧ガイドライン 昨年10月より実施された新ガイドライン

 2001年2月から2002年10月までの間実施されていた旧ガイドラインでは、発売後経過年数に応じて3段階のフェーズでサポートを実施していた。発売後3年間の有償・無償サポートが実施される「メインストリームフェーズ」、メインストリームフェーズ終了後、1年間有償サポートを延長する「延長フェーズ」、そしてすべてのサポートが終了する「非サポートフェーズ」で、旧ガイドラインの対象にはWindows 98/Me/NT 4.0が該当する。ただしWindows 98については昨年の無償サポート終了時から、さらに無償サポート期間が1年延長されていた。

 これに対して、2002年10月から実施された新ガイドラインでは、メインストリームフェーズと延長フェーズの2段階に変更。メインストリームフェーズは発売後5年、延長フェーズは2年間へ拡張された。新ガイドラインにはWindows XPのほか、Windows 2000 Professionalについても対象となっている。

 いずれの製品も、ホットフィックスやサービスパックについては、サポート終了後でもダウンロードによる提供は継続する方針としている。

 なお、2003年6月30日をもって終了するWindows 98の無償サポートについては、月をまたいでサポートする必要がある案件などについては、引き続きサポートする予定であり、6月30日で完全に終了させるわけではないという。また、Windows 98の有償サポートについては2004年1月16日までをサポート期間とし、プレミア契約ユーザーについては、2004年6月30日までサポートを延長するという。

 ユーザーから寄せられたQ&Aのナレッジデータベースである「オンラインセルフヘルプサポート」については、最低でも2005年1月16日までは継続する予定だが、期日を過ぎても基本的には公開を続ける見込み。廃止の場合でも、ある程度の準備期間を設けてから廃止する。この方針は他の製品についても同様という。

 同じく延長フェーズにあるWindows NT Workstation 4.0についても、2003年6月30日をもってサポートを終了、プレミア契約者にはさらに1年を延長する。Windows Meについては、有償・無償ともに2003年12月31日をもってサポートを終了するとした。

 説明会ではそのほか、Microsoft Java VMの今後や、Internet Explorerの新バージョンについても触れられた。

 Java VMについては、1月21日(現地時間)、ボルチモアの米連邦地裁によるMicrosoft製Java VMの配布を禁止する仮差し止め命令に基づき、Java VMが入っていないWindows XP Service Pack1aが公開されていた。既存のJava VMのアップデートについては実施するものの、今後段階的に廃止していくことが確認された。

 今後は既存製品に組み込まれたJava VMを取り除くためのアンインストーラなども開発する予定としたが、具体的な時期については未定という。

 Internet Explorerについては、一部報道で次回バージョンは単体ではリリースされないという情報が流れたが、今秋、ロサンゼルスで開催予定の「Microsoft Professional Developer's Conference」において、次期バージョンに関する情報が公開されるとした。

 質疑応答では、「サポート期間については、ユーザーの製品購入時から期間が換算されるのではなく、マイクロソフトの製品発表時から換算されるのは、フェアではないのではないか?」という質問がされたが、「確かにその通りであり、今後の検討課題としたい」と述べるにとどまった。

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□関連記事
【2002年10月17日】マイクロソフト、製品のサポート期限を明確化
〜Windows XPの標準サポートは2006年年末まで
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/1017/ms.htm

(2003年6月10日)

[Reported by kiyomiya@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.