最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

エプソン、フレーム撮影機能を搭載したデジカメ
〜プラス3千円で買えるプリンタセットも同時発売

PhotoPC Link L-300

4月18日より順次発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:カラリオインフォメーション
     Tel.0570-004116



 セイコーエプソン株式会社は、新ダイレクト印刷技術などを搭載したデジタルカメラ「カラリオPhotoPC Linkシリーズ」2製品を4月18日より順次発売する。価格はいずれもオープンプライス。

 同社が約1年半ぶりに発売するデジタルカメラは324万画素の「カラリオPhotoPC Link L-300」と、407万画素の「カラリオPhotoPC Link L-400」。発売はL-300が4月18日、L-400が夏頃の予定。店頭予想価格はL-300が36,800円前後、L-400が44,800円前後となる見込み。

PhotoPC Link L-400 背面のデザインは共通。左上の緑色のボタンが印刷ボタン

 記録解像度はL-300が2,048×1,536/1,600×1,200/640×480ピクセル、L-400が2,304×1,728/1,600×1,200/640×480ピクセル。

 記録画素数を除いた仕様はほぼ共通で、USBホスト印刷やフレーム撮影などに対応した「PhotoPCエンジン」を搭載する。

 1つ目の特徴は、「PhotoPC DIRECT」と呼ばれる、USBプリンタダイレクト印刷技術で、PCを介さずに画像を印刷できる。

 同様の機能として、同社プリンタで採用が進む「USB DIRECT-PRINT」があるが、USB DIRECT-PRINTでは、プリンタがカメラから画像データのみを受け取り、プリンタで印刷を全て制御するのに対し、PhotoPC DIRECTでは、カメラが印刷を制御する。

 カメラにはプリンタドライバやコントローラが内蔵されており、カメラ内で画像の伸張/リサイズ/回転/レイアウト処理などを行なった後、印刷コマンドを発行するという、PCと同等の制御を行なう。同社によれば、PC印刷に迫る印刷速度を実現したという。

 本体背面には、印刷ボタンが備えられ、3ステップで印刷を完了できる。L-300の対応プリンタはPM-730C/740C/740DU/830C/840C/870C/890C/860PTの8機種。L-400はさらにPM-930C/970Cにも対応する(いずれもPM-860PTはUSB DIRECT-PRINTでの対応)。今後発売されるプリンタには同社ホームページからドライバをダウンロードすることで対応する。

PhotoPC DIRECTとUSB DIRECT-PRINT/PictBridgeの違い 印刷ボタンを使って3ステップで印刷できる

 2つ目の特徴は「PRINT Image Framer (PIF)」と呼ばれるフレーム撮影機能。カメラ内にフレームデータを持たせ、フレームとの合成撮影ができる。フレーム画像は、撮影時にカメラの液晶モニタに表示できるため、被写体と容易に位置合わせができる。撮影した画像にあとからフレームを合成することも可能。

 ディズニーキャラクター10種を含む35種類のフレームが標準で付属。カメラ内に保存できるフレームは2つまでだが、SDメモリーカードにフレームを保存しておき、カメラからデータを呼び出せる。

 「同クラスのカメラで世界最長を目指した」(セイコーエプソン平野精一取締役)という、バッテリ駆動時間も大きな特徴。電源は単3形アルカリ、ニッケル水素、ニッケルマンガン電池×4で、アルカリ電池で500枚以上の撮影が可能という。

通常撮影の場合(左)とPIF撮影の場合(右)。PIF撮影時はフレームがモノクロでリアルタイム合成表示される バッテリ駆動時間の比較表

 1/2.5インチ原色フィルターCCDを搭載。レンズは6群7枚の沈胴式光学3倍ズームレンズ(35mm換算34〜102mm F2.8〜4.9)。デジタルズームはL-300は2倍、L-400は3倍。撮影距離は50cm〜無限遠で、最短11cmのマクロ撮影に対応する。

 記録形式はJPEGで、Exif 2.2、PRINT Image Matching II、DPOFに対応。320×240/160×120ピクセルの音声付き動画撮影(Motion JPEG)機能も搭載する。

 液晶モニタは、L-300は1.5型低温ポリシリコンTFT、L-400はD-TFDのものを搭載。光学ファインダも備える。記録メディアはSDメモリーカード。USB 1.1ポートを搭載し、マスストレージクラスに対応する。

 本体サイズは105×31.5×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量は185g(電池、SDメモリーカード、ストラップ含まず)。16MB SDメモリーカード、ACアダプタ、USBケーブルなどが付属。また、携帯電話接続用ケーブルが付属し、auの一部機種に接続して画像を転送したり、同社専用サイトにアップロードできる。

カメラ上面 データ転送時にブルーLEDが点滅する 本体底面。メモリはSDメモリーカード


 また、A4対応インクジェットプリンタ「PM-740DU」が4月18日より発売される。価格は24,800円。

 外観、機能、仕様とも「PM-740C」と同じで、新たに本体前面にUSBポートが備えられた。ポートの追加により、PCとは背面ポートで常時接続しておき、ダイレクト印刷時のみカメラを前面につなぐという利用が可能となった。

 PM-740DUとL-300がセットになった「カラリオPhotoPC Link L-3074PM」も4月18日より発売される。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は39,800円前後と、L-300単体の3,000円増しでプリンタが購入できる計算となる。

□セイコーエプソンのホームページ
http://www.epson.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.epson.co.jp/osirase/2003/030402.htm
□製品情報
http://www.i-love-epson.co.jp/products/printer/inkjet/colorio/camera.htm
□関連記事
【2002年9月30日】エプソン、A4/A3インクジェットプリンタを一新
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0930/epson3.htm
【2001年9月17日】エプソン、ティアドロップ型の2倍ズーム218万画素デジタルカメラ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20010917/epson.htm

(2003年4月2日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.