最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

米IBM、LinuxベースのPDAを参考出品

IBMが出品したPDAリファレンスデザイン。下部の灰色の部分は開発用エクステンション

1月22日(現地時間)発表



 米IBMは22日(現地時間)、米国 ニューヨーク市で開催中の「LinuxWorld 2003」において、LinuxベースのPDAを参考出品した。

 CPUにIBMの組込CPU「PowerPC 405 LP」を搭載。OSはMontaVista Linux Consumer Electronics Edition。IBMの小型デバイス向け組込Java実行環境「WebSphere Micro Enviroment」やセキュリティ、ブラウジング、データ同期の各ソフトウェアを搭載する。また、音声/手書き文字認識機能やマルチメディア機能、モバイルオフィス機能をサポートする。

 出品された試作機には、下部に開発用エクステンションが取り付けられている。エクステンションにはEthernet、シリアルポートが装備される。

 このPDAは、PowerPCとLinuxによる省電力小型機器を開発するためのリファレンスプラットフォームとされており、PDAだけでなくハンドヘルドPC、スマートフォンなどへの適用が期待されている。リファレンスプラットフォームの提供開始は第2四半期とされている。

 現在、小型情報機器の市場はPalm OSとARM系CPU、Windows CE系OSとXScaleなどの組み合わせで大半が占められており、IBMのプラットフォームはこの分野への新たな参入者として注目される。

□IBMのホームページ(英文)
http://www.ibm.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.ibm.com/news/us/2003/01/221.html
□Linux at IBM(英文)
http://www-1.ibm.com/linux/
□LinuxWorld New Yorkのホームページ(英文)
http://www.linuxworldexpo.com/linuxworldny03/V33/index.cvn

(2003年1月23日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp / Photo by 塩田紳二]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.