最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

新PowerBook 2台を国内でも公開
〜MacWorld Tokyo中止を公式に発表

2台の新型PowerBookを持つ原田社長

1月8日公開

 アップルコンピュータ株式会社は8日、都内で発表会を開催し、Macworld San Franciscoで発表されたばかりの新型PowerBookを公開した。

 通常国内での製品公開は1週間前後遅れてのことが多く、今回のようにわずか数時間遅れで公開されるのはきわめて異例だ。また、MacWorld期間中にもかかわらず、米Appleからもハード/ソフトの製品開発ディレクターが出席するなど、今回の製品における日本での販売に力が入っていることが感じられた。

 発表会では、原田社長の挨拶に続き、MacWorldで行なわれたスティーブ・ジョブズCEOの基調講演が、同時通訳つきノーカットで上映された。基調講演の内容は現地レポートに譲るが、このような形で基調講演が上映されることも異例だ。

 基調講演の終了後、原田社長は、各製品の日本での価格や発売時期について紹介した。すでにリリースでも公開されているが、12型PowerBookは229,800円で1月末、17型PowerBookは419,800円で3月の発売となる。各ソフトウェアについても、2月中旬までにはすべて公開/発売される。

 また、原田社長は、商品知識を持つASCの店頭派遣、Switchマーケティング、プロフェッショナル市場へのApple Solution Expertなどの施策が成功を収めたとし、いずれも継続して行なうとした。また、教育市場への直販部隊の投入、ハンズオンセミナーなども効果をあげつつあるとした。

 なお、MacWorld Tokyoについては、中止となったことを公式に述べ、「すでに時代は変わった、イノベーティブな形でコミュニケートできる。いままでにない、革新的な形のものを考えている。必ず目にとまる革新的な形でお届けする」と述べた。

 さらに、米Apple本社から、PowerBook Product Marketing DirectorのSandy Green氏と、Application Product Marketing DirectorのJoe Hayashi氏が登壇し挨拶、閉会となった。

Sandy Green氏(右)とJoe Hayashi氏(左) 17型PowerBook 12型PowerBook

 会場で公開されたPowerBookは各2台ずつ。写真撮影できたのは米国版でキーボードはASCII配列だった。原田社長が両機をもっての写真撮影に望んだが、17型は非常に大きく、国内では12型PowerBookが主流になるのではないかと思われる。

□アップルコンピュータのホームページ
http://www.apple.co.jp/
□製品情報(17型)
http://www.apple.co.jp/powerbook/index17.html
□製品情報(12型)
http://www.apple.co.jp/powerbook/index12.html
□関連記事
【1月8日】Apple、17型ワイド液晶を搭載したPowerBook G4
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0108/apple2.htm
【1月8日】Apple、12型液晶を搭載した最小のPowerBook G4
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0108/apple1.htm

(2003年1月8日)

[Reported by date@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.